ほうれい線を目立たなくする美容皮膚科のウルセラ症例

今、美容皮膚科でも、最新のたるみ治療法として注目されているウルセラは、切らないフェイスリフトと呼ばれており、後遺症のリスクもなく安全な治療法です。

切らない治療

引き上げ効果も十分な若返り治療です。 女性はいくつになっても、若々しい美貌を保っていたいと願うものですが、年を重ねるごとに大切なお顔には、年齢肌トラブルが現れ始めてしまいます。

中でもたるみは、お肌の奥からのゆるみなので、肌表面をケアしたところで、根本的な改善はできません。このような肌トラブルは、美容皮膚科で行われているたるみ治療が最適です。

数あるたるみ治療の中でも美容皮膚科のウルセラは、今、最も注目されているマシンで、今までであれば、切らなければアプローチできなかった表在性筋膜という、お肌の奥深くにまで超音波エネルギーを届けることができるので、深く刻まれてしまったほうれい線も綺麗に消し去ってくれます。

ウルセラは、多くの臨床実験を重ねた結果、皮膚への影響、神経への影響、骨や脳への影響もないと立証され、重篤な合併症の危険性が著しく低い安全な治療法として、米国の行政機関も認めた医療マシンで、後遺症のリスクもなく安心してトライすることが出来ます。

顔のたるみと一口に言っても症状に違いがあったり、
気になるパーツは人それぞれ変わってきます。

このような顔のたるみにはパーツや症状によって最適な治療が変わってきますので、
最適なものを受けるのが良いでしょう。

顔全体のたるみが気になる方や、皮膚を引き締めたいという方には
サーマクールがお勧めです。

高周波の照射は広い面積へ効果を発揮するので顔全体のたるみを引き締めて、
若々しくハリのある印象を演出することができます。

若さの演出

またほうれい線や目の下のゴルゴ線などのリフトアップに効果的なのがウルセラです。
超音波の刺激が真皮層にまで伝わるので気になる部分をピンポイントで引き上げることができ、
たるみ治療に大きな効果を発揮します。

このように二つの施術は効果を発揮する症状が違いますが、
両方の治療を併用することでよりきめ細やかなリフトアップをすることができます。

美容皮膚科のドクターと話し合って最適なものを受けるのが良いでしょう。

 

美容皮膚科の治療法が実施される前の臨床研究

目元のハリ感やふっくら感が失われてアイライナーを上手く引くことが出来ない、コラーゲンやエラスチンが加齢とともに減っていきたるみ毛穴や乾燥小じわが目立つ、口元のほうれい線やマリオネットラインが気になり自分の笑顔に自信が持てない、色素班やニキビ跡やソバカスや肝斑やくすみが広がっていて顔色が悪く見えるなど、肌にまつわる悩みは絶えません。

年齢を重ねるごとに悩みは深刻化する傾向にあります。
そんな肌の悩みに寄り添い、医療の力で理想の美肌に導いてくれるのが美容皮膚科です。

美容皮膚科の治療は高い効果が得られる反面、それなりのリスクもあるので受けるのに躊躇してしまうという方も多いかもしれませんが、治療法が実施される前にはきちんとした医学研究が行われているので安全です。
安心して治療を受けることが出来ます。具体的に行われるものとして、人を対象として行われる医学研究の臨床研究、使用する薬剤や治療方法や診断方法や予防方法などの安全性や有効性を確かめるための臨床試験、新しい医薬品や医療機器の製造と販売を国に承認してもらうための治験などがあります。

臨床研究という大きな括りの中に、臨床試験と地検が存在するという構図です。
ヒアルロン酸注入やフェイスリフトやボトックス注射などのプチ整形の普及が進んだことにより、美容医療が一昔前に比べて身近な存在となりつつあります。どの治療も臨床試験や治験を経ていますので、トラブルが起こるリスクは少ないと考えて良いでしょう。